講座紹介


研究室のことを知りたい学生の皆さんへ

 

応用情報学講座は、京都大学大学院情報学研究科システム科学専攻の研究室のひとつです。教員が京都大学学術情報メディアセンターに所属し、情報学研究科を兼任しているため、協力講座と呼ばれています。協力講座の大学院生だからといって、他の研究室と区別はありません。


応用情報学講座ではこれまで、博士論文・修士論文のリストにあるように、基礎的な研究から、その時々のアップツーデートな研究まで様々な研究をしてきました。現在は、大量のデータを扱う計算を超高速に行うスーパーコンピュータを主な研究対象としています。


近年のスーパーコンピュータ(スパコン)は、大量のCPUを同時に使用することで超高速計算を実現します。そのため、普通にプログラムを書いて動かしただけでは計算はほとんど高速にはなりません。高速な計算を行うためには、解きたい問題やハードウェアの性質などをよく理解し、大量のCPUが処理を分担して計算を並列に実行できるようにスパコンを「上手く」使いこなす必要があります。本研究室では、そのようにスパコンを上手く使いこなすための研究、たとえば、並列アルゴリズム並列/高性能実装技術に関する研究を行っています。しかし、そのような技術をただ開発するだけでは、スパコンの利用者に計算機に関する専門知識や大変なプログラミングの手間を要求することになってしまいます。そこで、それらの負担を軽減し、より多くの利用者が手軽に高速な計算を行えるようにするための研究として、並列プログラミング言語並列化ライブラリに関する研究も行っています。


なお、これらの研究のほとんどは宇宙プラズマシミュレーション、惑星近傍磁場解析、巨大地震サイクル解明、生体ネットワークなどの実用的問題を対象とし、他研究機関・他研究室にいるそれぞれの研究分野の研究者と協力して実施しています。


本研究室の研究テーマをより詳細に知りたい方は研究テーマのページもご覧ください。


京都大学学術情報メディアセンターのスパコン

京都大学学術情報メディアセンターのスパコン